八重の桜 最終回まで見た感想

八重の桜 最終回が終わりましたね。全50回 欠かさず見ました。綾瀬はるかさんが好きだし、題材が全く知らない人だったので、とても面白かったです。ただ、世間の視聴率は、大河ドラマ史上4番目に低かったそうですね。

どうしても、幕末・維新を間に挟むと、こういうメリハリになってしまいますね。維新後も怒涛のように変化があるわけなんですが、時代劇としての盛り上がりに欠けてしまいます。八重の桜で言うと、会津戦争までガァ~っと盛り上がって、後半は盛り下がってしまった感がありました。

それと、最初の頃から言われてた、「誰が主人公か分からない」という点。タイトル通り、ヒロインは新島八重さんなんですが、特に前半は八重さんの兄 山本覚馬さんが主人公のような扱われ方でした。幕末の京都を舞台にしている以上、仕方ないです。それでも面白かったです。

それが後半になって、覚馬さんの替わりに新島襄さんが登場してきても、幕末のハラハラドキドキ感が無く、それに日本人には馴染み薄いキリスト教という宗教が絡んでしまい、トーンダウンした感じがしました。

それでも、今まで見てこなかった側(会津)からの幕末、戊辰戦争の顛末を知ることが出来たし、維新後にどうやって日本が変わっていったのかを垣間見ることが出来たので、個人的にとても面白かったです。

次回の軍師官兵衛にも期待してます!王道の戦国時代ですから、視聴率もよくなるんじゃないかな。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

最近のピクチャ

  • 肉の国 ローストビーフ
  • Zenfone3 パールホワイト
  • DAC-HA200 Android接続
  • DAC-HA200
  • 大仏サブレー
  • 2017年3月9日 朝日新聞 朝刊一面
  • b_seminar_02.jpg
  • Creative Inspire T10 R3

サイト内検索

最近のコメント