アマゾンの宅配から佐川が撤退

アマゾンの宅配は、決まって佐川急便でしたが、amazonとの取引を止めたようです。

非常に安い商品でも、送料無料で届けてくれるので、お得で便利なのでよく利用しています。そして、いつも思ってました「こんなに安くて送料無料で誰が儲かってるんだろ?」と、、、。

佐川急便に限らず、宅配業者は実際にモノを売り買いして、差額を貰うという商売じゃありません。人のモノを預かって、指定した場所に届けることで、その対価を貰うのが仕事です。

と言う事は、商品が安くなる、売り手側の価格競争で真っ先に削減されるのが、配送費です。沢山売れれば薄利多売でそれなりの売上が見込めるでしょうが、薄利にも程があります。

利益は別として、ある程度の売り上げを見込めたアマゾンを切る事は、佐川にとって相当な大きな決断だったことでしょう。利用者も安い・速いを求めるのは当然ですが、そこにで多くの人が生活の糧を得ている事を忘れてはいけません。

ひいては自らの首を絞めることになりかねないという事を。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ